くノ一(くのいち)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

昂る。

くノ一

くのいち

くノ一とは、女性の忍者をさす言葉である。

「くノ一」のイラストを見る

概要


闇に生き闇に紛れ任務を果たし闇に消えていく忍者。
主に男性が就く仕事であるが、女性が就くケースも存在した。
名称の「くノ一」とは暗号のような作りであり、「女」という字をバラすと「く」「ノ」「一」となる。
主な任務としては要所の情報収集。場所によっては男子禁制の所もあるため、そういった所への侵入はお手のもの。

服装


忍び装束としては
・男性と同じデザインの簡素なもの
・露出は皆無だけどピッチリスーツでボディラインくっきり
・谷間やらふとももやらむき出し
・ほぼ一枚の帯を巻き付けたような、服と呼べるかどうかすら怪しいモノ
…といった風に大別できる。アクセントとして全身網タイツや鎖帷子をつけているケースもある。
舞台が現代~近未来であればレオタードのような衣装に身を包んでいるケースもある。

オンナの武器



彼女たちの中には「房中術」とされる技術の持ち主がおり、男性とのセックスの際に相手を骨抜きにして
拘束から自由になったり、相手を意のままに操ったり…と女としての利点をフルに活かした活動ができる。
好みの身体つきだからといって迂闊に抱こうとしたら、骨抜きにされて言いようにされるぞ。
…フィクションでは割と常套句だが、実際にこういった技術があったのかは不明。
相手が女性でも問題なく、時には忍術の一環としてクリトリスを肥大化させたり男根を生やしたり

前述の露出の高い衣装についてもオンナの武器をフル活用するための布石であることがほとんど。
戦闘が避けられない場合の男性に対しての視覚攻撃で、視線を誘導し不意を打つためとされる。
格闘ゲームに出てくるくノ一はおおよそこういった常套句でエロ衣装を着ている。

失敗は…


さて、任務を果たして帰れる者ばかりと思えばさにあらず。

途中の不始末から相手側の忍者に捕まり処断されたり、どの様な情報を持っているかと木馬にしての鞭打ち極太のトゲ付き張り型で拷問を受けたり、相手側の忍者数人に輪姦されたり、媚薬づけにされていたり。
また、催淫作用や身体の自由を奪うお香やトリモチなどの罠にかかって身動きが取れない所を辱しめられたり…。
度重なる凌辱を耐え抜いてチャンスを見つけ脱出できるか、堕ちて肉壷にされるかは本人の精神力次第である。
ファンタジー世界であれば、触手やモンスターにぐちゃぐちゃに侵され苗床にされる結末もある。

ニジエで投稿されたイラスト「くノ一」を見る