巫女(みこ ふじょ)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

同人新刊サンプル21

巫女

みこ ふじょ

神社に属し、神楽を舞ったり神事に奉仕して神職を補佐する女性の事を指す

「巫女」のイラストを見る

巫女とは


神道において神に仕える女性を指し神社で祭祀を行う女性(女性の神主、すなわち女子神職)とは異なる。
※巫女は神職には含まれない
現在の神社では、神職の補助者としての位置づけになっている。また、海外の女性シャーマンも巫女と訳されることが多い。
神子(みこ)、舞姫(まいひめ)、御神子(みかんこ)と呼称される場合もある。

古くは邪馬台国の卑弥呼がもっとも有名で、古事記では女神アメノウズメも巫女として認識されている。

神道の巫女になるには、未婚の女性でありさえすればよく、特に資格などは必要とはされない。
現代の神社で仕事をする「巫女」は、神職の娘や近親者などの、神社に縁のある人が巫女として奉仕することが多く、一般的には20代後半で定年となる。
しかし神楽を奉納、指導する巫女には、技術継承などの問題があり、この限りではない。
また、正月などの繁忙期になると、神社が臨時のアルバイトを採用するケースもある。こうしたアルバイトの学生などは「助勤」「助務」と呼ばれる。



二次元における巫女


白衣に緋袴の組み合わせが一般的で、その他に千早・水干・裳などを取り合わせる場合もある。
コスプレ等はこれに変化を付けて書かれることが多い。
巫女キャラクターで有名なのは東方projectの博麗霊夢・東風谷早苗、咲-Saki-の神代小蒔・石戸霞・薄墨初美・狩宿巴・滝見春・石戸明星・十曽湧、等が挙げられる。

ニジエで投稿されたイラスト「巫女」を見る