淫紋(いんもん)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

オンドゥルルラギッタンディスカー!

淫紋

いんもん

性の快楽に堕ちた者の身体に刻まれる印。

「淫紋」のイラストを見る

 一般的な刺青との違いは、それが性的かつ嗜虐的な意味合いを持つところにある。

 イラストや作品の作者の世界観や意図に大きく左右されるので、ここでは十把一絡げな考察を書くだけに留める。決して、ここに書かれたことを絶対として捉えず、個々の作品の世界観を尊重してほしい。

 淫紋の多くは子宮のある部位、つまり下腹部のあたりに刻まれることが多い。他に、尾てい骨の辺りや胸の上、うなじ、作品によっては全身に及ぶ場合もある。
 女性器や子宮をモチーフにしたものが多く、大抵はハートをベースにした禍々しいトライバルスタイルがスタンダード。逆に単にハートの刺青を施して「淫紋」とする場合もある。他の例としては、魔法陣であったり、服従の誓約の文言であったりする。
 こういった淫紋を彫られた対象は、大抵の場合性的な虐待や調教の末に肉便器同然になっている。子宮を喚起させるタイプの淫紋だと、受精や妊娠を伴っているケースが多い。淫靡な悪堕ちをしたヒロインに刻まれるケースも多々見受けられる。
 堕ちた証として印される意味合いもあるが、作品によっては淫紋自体に魔力が込められ、対象を性欲亢進状態に陥らせたり、特定の人物に激しい欲情を強制的に持たされたりする。

ニジエで投稿されたイラスト「淫紋」を見る