丸呑み(まるのみ)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

怪物に丸呑みされて体内で徹底的にドレインされて排出される女の子

丸呑み

まるのみ

食べちゃうほど大好き。

「丸呑み」のイラストを見る

丸呑みとは、捕食対象を口などの器官を用いて体内に取り込む行為である。
英語表記だと「vore」。
対象の身体を切断したりする描写がないので、リョナとしてはわりと表現はソフトな方。
ただし、体内に取り込まれた対象の行く末は消化して栄養にされるか体内からの分泌物で改造されて別のイキモノになるか…
少なくとも捕食された対象から見てハッピーエンドとは程遠いのは間違いないだろう。

古くは童話の「一寸法師」のように体内に呑み込まれる描写のある作品はあり(鬼に丸呑みされても胃の中で針の刀を振り回して吐き出された)、フェチ方面で割と有名なのがドラゴンボールの生体兵器セルによる人造人間18号の丸呑みシーンだろうか。
セルは自身のパワーアップの為に人造人間の兄弟を取り込む必要があり、弟の17号は既に尻尾の器官で丸呑みされ残す18号に尻尾の取り込み口を拡げて迫るシーンや、取り込まれかけて出ている脚だけでもがくシーンはショッキングでもありテレビで見ていた少年達の下腹部を刺激した事だろう。


現在は影も形もなくなったセルだが、エロ関係では相変わらず女の子達をその尻尾で元気に丸呑みしている姿が確認されている。

さて、捕食に使う器官はセルの様に尻尾を使う以外に
捕食対象より大きい体であれば普通に口から丸呑みする他に(ヘビのアゴは大きく開く事ができる為その限りではない)、

お尻の穴からだったり(analvore)、

ふたなりの場合であれば超根と化したチンポの鈴口からだったり(cockvore)、

オマンコから捕食の為に引きずり込むと言う変化球もある。

スライム娘ちゃんの場合だと自分の身体で包み込んで呑み込むのが主。


最も多いのはイソギンチャクのようなモンスターに呑み込まれるモノ。

顔がない為に捕食する側の感情も伺えず一番絶望的な感じがしてそそられる、と言う人も多いだろう。

ニジエで投稿されたイラスト「丸呑み」を見る