ルーズソックス(るーずそっくす)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

ルーズソックス

るーずそっくす

ルーズソックスとは靴下の一種。厚手の生地に象鼻のように長く弛んだ形状

「ルーズソックス」のイラストを見る

靴下のくるぶしから上の部分が意図して長すぎに太すぎに作られたものでデフォルトの着用でだるだるに弛んだ(ルーズな)形状になる。長さは60cmから120cmほど。カラーは学校制服に合わせる場合大抵は白色、稀に黒や灰色。私服向けにカラフルな物も存在する。
略称「ルーソ」「ルーズ」
ゴム抜きルーズソックス、ノーマル(ゴム有り)の2種類あり、極端に長いものはスーパールーズともよばれる。
長く重めのソックスであるためふくらはぎの上に留め置くためにソックタッチという糊を用いたり輪ゴムや髪留めゴムでソックスを固定する履き方も見られた。留めずにくるぶし下まで更にだらしな気に履く場合も。
ミニスカートと共に90年代女子高生の間で流行し始めたファッション。ギャルや援助交際の象徴のイメージもあり。
90年代後半から00年代半ばまで女子中高生の間で爆発的に流行した。
00年代後半にはいり流行は下火となった。(00年代前半より紺靴下、後半よりオーバーニーソックスが流行に加わった)
10年代も半ばになってから紺靴下の上から重ね履きする形で部分的に再流行した。
更に従来のイメージにとらわれず私服向けファッションとして再登場もしている。
イラストやAVでは密かに根強い人気が見られる。


ニジエで投稿されたイラスト「ルーズソックス」を見る