ボテ腹(ぼてばら)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

第二部

ボテ腹

ぼてばら

ボテ腹とは、性行為を行う対象である女性のお腹が、肥満などではない原因で膨らんでいる状態を指す。

「ボテ腹」のイラストを見る

ボテ腹の内訳


ボテ腹には以下の原因が考えられる。

妊娠


同種との交配によって、子を子宮に宿した状態。
お腹の子どもの性別如何によっては、その子も性的対象になる場合がある。

寄生


異種の性的行為によって、異種の卵や、仔が子宮内に寄生している状態。
妊娠と同一視される傾向にあるがそれは誤りで、実際には寄生と表現するのが正しいと思われる。
二次元ならではの描写。

精液


精液ボテと呼ばれる状態。
子宮に液体(主に精液)を注ぎ込み、妊娠状態と同じ程度になるまで腹を膨らませた表現。
寄生同様に二次元ならでは。

浣腸


肛門から液体を注ぎ込み、妊娠状態と同じ程度になるまで腹を膨らませた表現。
精液ボテ同様に二次g(ry

空気


空気入れなどで気体を注ぎ込み、妊娠状態と同じ程度になるまで腹を膨らませた表現。
精液ボテ同様に二次g(ry

大便


大量の大便を体に押し込み、妊娠状態と同じ程度になるまで腹を膨らませた表現。
精液ボテ同様に二次g(ry

腹ボコ


亜種として、性器や触手の挿入によって腹の一部分が隆起する表現があり、それを腹ボコと呼ぶ。


ニジエで投稿されたイラスト「ボテ腹」を見る