黒ギャル(びっち やりすて ちょべりば ことばがつうじない)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

黒ギャル

びっち やりすて ちょべりば ことばがつうじない

ブルーチーズ的な存在。、チーズは淡白なの好きなのに 「たまには臭くてコッテリしたのでいくかぁ!」 といった際に使用される。

「黒ギャル」のイラストを見る

一昔前は 「ガングロ」 などと呼ばれていた生き物たち。
人工的に極度な日焼け、肌の黒さを強調するための髪の脱色・金髪化、凄い量の安っぽいアクセサリー装着、
この生命体同士でしか通じない特殊な言語を超高速で交わし、
ときに 「円光」 という室内運動で金を稼ぎ、ときに 「オヤヂ狩り」 という屋外活動でウサを晴らす。
行く先のまったく見えない底辺高校、教師が何もかも投げっぱなしな中学校などに、時おり集団で生息している。

日本のエロコンテンツ内では、外人枠と一緒に特別扱いされ、
国外サイトでも 「ASIAN>FREAK」 等、ニンゲン扱いされてないカテゴリーに属する。
「白魚の踊り食い」 のように、「たまには食いたい、けど毎日は、ちょっと…」 みたいな?
ただし、
ごく少数は 「毎日でも踊り食いしたい!」 人が存在するのと同様、オンリーなマニアも居ることは居る。

「褐色」 に比べて、肌の色と裏腹に不健康さが際立ち、何よりも退廃的な雰囲気が 「オヤヂな性欲」 を刺激する。
「こいつら未来なんて何も無いんだから、好き勝手に肉便器にしても構わねえ!」
識閾下の男の欲望をそそのかし、自分も相手も破滅に追いやろうとする… その危険性もまた、美味要素の一つである。

なお、日本女子大スキーな中韓でも、黒ギャルは驚くほど忌み嫌われ、
かえって欧米では需要が高いという。(ソースは某バイヤーな中国、台湾人)
「差別」 と 「区別」 との違い、か。五木寛之のエッセイでも出てたしな。

ニジエで投稿されたイラスト「黒ギャル」を見る