立ちション(たちしょん)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

立ちション

たちしょん

立ちションとは立ったまま小便を排泄する行為である。

「立ちション」のイラストを見る

男性の場合、陰茎(いわゆるチンコ)がついており、陰茎の向きを変えることで尿の排出される方向を自由に変えることができる。
これに対して女性は、尿道の出口が体のほぼ真下を向いているので、直立したままの姿勢で尿を排出すると、尿は両足の間に落ちることになる。そのため男性用の小便器のように、尿を前方へ排出するには、ひざを曲げて後ろに体を逸らした体勢を取らねばならず、不便極まりない。
このことから女性の排泄は、和式ならば便器の真上にかがみ込む、洋式ならば便座に腰かけるといった姿勢を取るのが一般的である。よって女性にとっての立ちションは、非日常的な要素を多分に含むため、羞恥プレイの一環として強要されたり、あるいはアブノーマルな性癖を持つ女性自身(つまり痴女)が自分から性的興奮を求めて行ったりするというケースが挙げられる。
なお、いずれの場合でも、体の真下に尿が落ちることから、下半身に衣類を着けたままだと尿がかかってしまうため、プレイに含めるのでなければズボンや下着は完全に脱いで下半身裸になる必要があり、スカートなどは尿がかからないように手で持ったり口で咥えたりしてたくし上げる必要が生じる。

ニジエで投稿されたイラスト「立ちション」を見る