百合(ゆり)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

淑女のたしなみ

百合

ゆり

百合とはユリ科ユリ属の多年草の総称。

「百合」のイラストを見る

百合とはユリ科ユリ属の多年草の総称。

ではあるが、もう1つの意味合いとして女性同士による恋愛物の創作物のジャンルの名称である。
GL(Girls Love)とも呼ばれる。

時折、レズR-18の百合作品の様に誤解されがちであるが、レズ(レズビアン)とは「女性の同性愛者」のことを指し、
R-18の百合作品=レズではない。(※個人の解釈によって定義が大幅に異なるがここでは一般的な見解を示す)
因みに「ふたなり娘単体」「女性2人×男性1人の3P」「男性の女体化のカップリング」は明確な別ジャンルである。

我が国に於ける百合の原点を遡れば、川端康成著の「乙女の港(実業之日本社、1938年)」に見られる女学校の上級生、下級生間のエス(sisterの頭文字を取った表記)と言えるだろう。
当時としては革新的な同性愛の恋愛描写が話題となり、川端の代表作の一つとなった。
その影響からか、百合作品では後術の様な学生同士の百合作品が多く見られる。
その後、百合ジャンルは薔薇(BL=Boys Love)と比べれば暫く息を潜めていたが、百合作品専門誌「百合姫」創刊や、近年になり今野緒雪の「マリア様が見てる(集英社)」、公野櫻子の「Strawberry Panic!」に代表される百合漫画のアニメ化が成され、現在では1シーズンに一つは百合アニメ作品が制作されるようになるまでに隆盛期を迎えている。
その流れの中で、かつては圧倒的マイナー勢力であった社会人女性同士の百合や、人外モンスター百合、けも百合も百合勢力の中で市民権を得つつある。
一方では百合のギャルゲー、エロゲーも増加傾向にあり、百合好きとしては嬉しい限りではないだろうか。
またかつては百合作品の書き手は女性作家が大半であったが、近年の流れの中で男性作家の台頭も珍しくない。

一方で、同性愛描写に嫌悪感を持つ人も少なくない為、作品を投稿する際は「百合」タグの登録が好ましい。

ニジエで投稿されたイラスト「百合」を見る