雛森桃(ひなもり もも)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

ひなもー

雛森桃

ひなもり もも

雛森桃は、BLEACHに登場する五番隊副隊長。

「雛森桃」のイラストを見る

護廷十三隊の中五番隊副隊長を務める小柄で可憐な少女。好きな食べ物は「桃」、嫌いな食べ物は「すもも」。
黒髪でよく見ると眉毛が太く、水色の布、青い紐のお団子ヘアがトレードマークである。(ただしお団子の色はイラストによって変わるときがある。)一見すると子供体型に見えるが、身長自体は日番谷よりも大きい。他の女性死神と比べれば胸は小さい方だが、アニメの描写やゲームの水着イラストを見るに貧乳ではない。要するに『健康的』。
護廷十三隊に入る前の髪型はおさげである。また、十番隊隊長の日番谷冬獅郎とは流魂街からの幼馴染であり彼を「シロちゃん」と呼び、彼によく卵焼きを作っていた様子。
吉良イヅル・阿散井恋次とは霊術院時代の同期で、彼らと共に檜佐木修兵の後輩である。
死神にしては珍しく泣き虫でよく涙を流すが実際は感情表現は豊かで明るい性格。特技は絵を描くことで、瀞霊廷通信の挿絵制作担当。読書が好きで、伊勢七緒とは読書友達。また、四番隊の生け花教室に参加するなど、女の子らしい趣味が多い。

斬魄刀は『飛梅』。
七支刀のような形状をし、刀身から火の玉を放つ鬼道系の斬魄刀である。また、鬼道の達人であり、独自で鬼道を組み合わせ攻撃も出来る。四番隊には及ばないが回道による重傷治療も行える。

ニジエで投稿されたイラスト「雛森桃」を見る