野外露出(やがいろしゅつ)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

橘ありすちゃん

野外露出

やがいろしゅつ

野外露出とは、公共の場において裸体や局部を晒すことにより性的快感を得る変態行為である。恥部を露出することそのものが目的なので、青姦とは厳密には区別される。
また、屋外露出と同様の意味でもある。

「野外露出」のイラストを見る

露出の歴史


世界最初の露出狂はアダムとイヴとされる。エデンの園にて禁断の知恵の実を食べた彼らは2つのことを悟った。
1、野外は裸でいていい場所ではない。
2、裸になってはならない場所で裸になると物凄く興奮する。
2人が変態として目覚めたことに主は怒ったが、露出の甘美な快楽を知ったアダムとイヴの心は変わらない。
楽園を追われる2人。目の前には無限とも思える裸になってはならない荒涼たる世界が広がっていた。
アダムとイヴは互いに顔を見合わせ微笑んだ。そして股間のイチジクの葉を剥ぎ取り荒野に向かって投げた。
空を舞うイチジクの葉に世界地図がオーバーラップする――人類の始まりである(要出典)

内容
半裸、若しくは全裸で野外に赴く行為。
日光浴、ヌード撮影行為や調教行為等がそれにあたる。

ニジエで投稿されたイラスト「野外露出」を見る