逆ビキニアーマー(ぎゃくびきにあーまー)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

逆ビキニアーマーシリーズ

逆ビキニアーマー

ぎゃくびきにあーまー

隠す部位が逆になったビキニアーマーのこと。

「逆ビキニアーマー」のイラストを見る

 本来戦闘に適さないビキニアーマーがさらに実用性を失い、もはや性をアピールするために存在しているかのようなデザインになっている。
近未来的逆ビキニアーマー

ビキニで隠すべき乳房や乳首、および鼠径部がすっかり露出した形になっている。
 見せている相手に劣情を催させる以外にメリットがあるとすれば、興奮して火照る部位が露出されていることでムレから開放されることであろうか。だが充血してきんきんに固くしこった乳首やぽってり肉色を帯びた淫裂が晒されているさまは、戦士というよりはもはや色情狂である。
 魔術によっては、自分の体の魔力が発露する場所をあえて露出させることで恩恵を得ようとすすんで着けることもあるようだ。
 しかし闘いの腕が未熟な癖にこんなものを着けようものなら、ただ単に敵に対して「犯してください」と言っているようなもの。たちまち押し倒され、いきり立つ男性に蹂躙された末にいともたやすく子種を植え付けられることだろう。いやあるいはそれを期待してそんな装備を身につけているのかもしれない。

ニジエで投稿されたイラスト「逆ビキニアーマー」を見る