近親相姦(きんしんそうかん)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

末娘の成長日記

近親相姦

きんしんそうかん

英: incest
※親子間でのことでなら "parent/child incest", 兄弟姉妹間でのことでなら "sibling incest" となる。

近親相姦(きんしんそうかん)とは、一般的に家族と呼ばれる続柄、即ち親子、兄弟姉妹などとの性的行為、
またはそれに準ずる続柄、即ち叔父叔母/伯父伯母と甥姪、祖父母と孫/息子娘などの間の性的行為を意味する。

「近親相姦」のイラストを見る

近親相姦の意義



近親相姦は、家族という概念と同時に発生する行為である。
もし、家族という概念がなければ、近親者と他人との区別がない為、近親相姦という言葉に意味が生じないが故である。


近親相姦の組み合わせ


兄×妹


恐らく、二次元創作で表現される機会が最も多いであろう組み合わせ。
その大抵が、ロリ妹と兄の組み合わせであると思われる。
つまり、ロリコンご用達。

姉×弟


ここ10年程で急激に増えたであろう組み合わせ。
おねショタの需要が増えた事が原因と思われる。

母×息子


兄妹程ではないにせよ、鉄板な組み合わせ。
おねショタ需要の雛型であろうが、より被保護欲が強いと思われる。

父×娘


ここ数年で需要が上下している組み合わせ。
基本的には少女以下の年齢の娘と父親の組み合わせで、ロリペド率が高い。

伯父/叔父×姪


近親相姦ではあるのだが、あまり禁忌である様には描かれない組み合わせ。
父娘と同様に、ロリペド率が高い。

伯母/叔母×甥


近親相姦ではあるのだが、あまり禁忌である様には描かれない組み合わせpart2。
母息子よりもおねショタに近い表現が多い様で、上下関係が小さい。

祖父/祖母×孫娘/孫息子


女性の年齢が比較的若い、祖父と孫娘の関係は、それなりの量がある様だが、
祖母と孫息子の関係はそれなりにレアと思われる。

ニジエで投稿されたイラスト「近親相姦」を見る