蛙吹梅雨(あすいつゆ)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

蛙吹梅雨

蛙吹梅雨

あすいつゆ

蛙吹梅雨とは『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクターであり、主人公「緑谷出久」のクラスメイトである

「蛙吹梅雨」のイラストを見る

蛙吹梅雨とは


丸く大きいまぶたに真っ黒な瞳をした、カエルっぽい女の子。髪はツヤとボリュームあるロングの黒髪で、腰付近で蝶結びに結っている。カエル顔なのにきちんと可愛い、高いバランスでまとまった奇跡のデザインをしている。
なお、彼女の一家全員がカエルっぽい個性と外観の持ち主であるらしく、父親はガマガエルっぽい顔つき。
小柄だが、胸に顔を押し当てた峰田実曰く『カエルの割になかなかどうしておっぱいが…』らしく、隠れ巨乳と思われる。また強靭な脚力を反映したムチムチのふとももパツンパツンのスーツと、有体に言ってエロい。カエル顔とのギャップもエロい。

能力


身体能力としては舌を20m程まで伸ばして相手に巻きつけ持ち上げたり、吊り上げたり出来る。また手足の吸着能力で壁に張り付いたり、非常に高く跳躍したり胃袋を吐き出して洗浄したり、ピリッとする程度の毒液まで分泌することができる。蛙の完全上位互換である。
ただし気温が極端に低い所だと冬眠に入る為全ての環境で活躍できる訳ではなく、クラスメイトも冬場は彼女の部屋のドアを開けっ放しにしないように心掛けている。アニメでもビルの一室の室温を大きく下げられて冬眠を始め、他のクラスメイトの背中におぶってもらっている。

ニジエ的解説


やはり特徴的なその長い舌を使ったフェラ絵が多く見受けられる。また上記にあげたようにエロい肢体をしているのでフェラ絵ばかりというわけでもない。ニジエにはまだないが数々あげられた蛙的特徴から産卵絵があってもなんら不思議ではないキャラだ。

ニジエで投稿されたイラスト「蛙吹梅雨」を見る