異種和姦(いしゅわかん)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

めおと

異種和姦

いしゅわかん

異性物と女の子の間に愛情、もしくは双方合意があって至るSEX。

「異種和姦」のイラストを見る

大半の異種姦強姦輪姦といった一方的な行為だが、一部に異性物との愛情や合意があって至るSEXもある。

龍神・ドラゴン等に対する生贄
神への供物として捧げられた少女が身も心も捧げて尽くす場合

ペット・パートナーに対する愛情
ファンタジー世界で共に旅して苦難を乗り越える異性物にパートナーとしての愛情を感じて行為に至る場合
愛犬が自分をメスとして見ていることに気づき、最初は戸惑うも愛犬を受け入れて一線を超えてしまう場合

触手に快楽責めにされて虜になった
女の身体のツボを知り尽くした触手に犯され続けて虜になってしまう場合

・・・等の例が考えられる。
イラスト上の表現では、女の子が異性物の巨大チンポや触手によってこの上もない快感を感じており、歓喜の涙を流していたり、このように幸せそうな顔をしていることが重要である。

ニジエで投稿されたイラスト「異種和姦」を見る