牛娘(うしむすめ)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

牛娘

うしむすめ

たわわな乳房からミルクを出すことを約束された(させられた)娘。

「牛娘」のイラストを見る

 牛柄のプレイ衣装を着た女の子がいたら、とにかく胸を愛でてあげよう。遠慮なんて必要ない。膨らんだ乳房をやらしく褒め称え、乳の質に期待する言葉を投げかけながら、優しく、時には激しく乳肉を揉みほぐすといい。
 運良く乳を出す種に出会えたら、とにかく搾乳するに限る。もちろん、味見をして詳細なレビューをしてあげると、牛娘は喜ぶ。とにかく喜ばせることで、乳の出を良くしてあげよう。搾乳器にかけて、出る限り搾り取ってタンクに貯めるのもいいが、やはり手搾りに限る。
 さらに愛撫することで、乳肉を揉みほぐす以上の乳質と乳量を期待できる。また、母乳は生まれた子供を育てるためにあるのだから、セックス、とりわけ種付けのための中出しセックスは効果絶大だ。乳の出ない牛娘でも、妊娠させれば熟れた乳首からびゅるびゅる乳を出してくれるだろう。
 彼女たちにとって、アクメは重要な要素だ。先述の通り、喜ばせてあげれば彼女たちの乳の出は良くなる。アクメという無上の喜びを与え続けたら、やがて彼女は従順になり、搾乳の責務すら快感に替えて質良く量の多い乳を約束してくれるだろう。
 搾乳において最大の敵はストレスだが、従順ならざる牛娘には自身の立場と責務をわからせるために多少の手痛い調教もやむを得ない。だが、調教実っておとなしく乳をだしてくれるようになれば、飼い主にとっても大いに報われるというものだ。
 食べ物も重要な要素だ。彼女の好物を与えるのも充分であるが、やはり牛娘を可愛がる飼い主の種汁こそ絶大な効果が期待できる。適度にアクメを覚えさせながら、反芻させるつもりで大量の精液を、上の口から下の口から与えるのがいいだろう。きっと彼女もそれを好物にして、いい乳を出してくれるに違いない。

ニジエで投稿されたイラスト「牛娘」を見る