木之本桜(きのもとさくら)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

少女妊婦さくらちゃん

木之本桜

きのもとさくら

『カードキャプターさくら』の主人公。

「木之本桜」のイラストを見る

呼ばれ方は「さくら」。 スポーツが好きで、特にバトンとローラーブレードが得意な小学生の女の子。
母親はさくらが幼い頃に死去しており、大学講師の父、高校生の兄と三人暮らし。
明るく素直かつ前向きな性格で、「絶対だいじょうぶだよ」が無敵の呪文。
友達思いで、他人のために涙を流す事が出来るとても純粋で心優しい女の子。
料理は出来るが裁縫は苦手。

ある日、父の書庫で見つけた不思議な本から、その本の封印の獣・ケルベロス(通称ケロちゃん)が現れた。その本には魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード「クロウカード」が入っていたが、既に解き放たれてしまっていた。封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるというクロウカードを回収するため、さくらはケルベロスによって強制的に「カードキャプター」にされ、町中に散らばったクロウカードを封印する魔法少女となった。

クロウカードを一枚封印するごとにそのカードに宿る魔法が使えるようになり、次のカードを封印する手立てとなる。
あくまで封印が目的であって変身魔法は持たないため、多様なバトルコスチュームは親友の知世の手作りであり、毎回封印前に着替えている。

ニジエで投稿されたイラスト「木之本桜」を見る