コンドーム(こんどーむ)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

黒ギャルビッチケツモリ

コンドーム

こんどーむ

今度、産む。 (ウソばっか!

「コンドーム」のイラストを見る

定番的な避妊具として、その歴史は長い。
帝政ローマ期前、ギリシャ全盛時代の三千年以上前から存在していた、との説もある。
もっとも、
当時のコンドームは、羊や豚の腸壁をペニスにかぶせるだけで、
早い話が 「ソーセージ状のまんま挿入」
快感など二の次で、とにかく避妊セックスのみが目的だったようである。
・・・
薄さ0.02ミリなど、「最近」・「日本だけで」、開発されたモノであり、
我々は我が国のこの技術文明に、感謝せねばならない。

第二次大戦中も、このコンドームは、商業慰安婦の防護用に存在していた。
日本制作のものは、表面に 「突撃一番」 とロゴされており、もはやギャグだか何がなんだか。

この薄いゴム袋は、元からもちろん防水性が高かった事から、
二次大戦中・朝鮮戦争当時などでも、「爆雷の信管を防水措置する」 目的で多用され、
この任務の米軍・フロッグマンと呼ばれた部隊の人々は、コンドームを仕入れるたびに、
「深海で人魚でも見つけたのか」 と揶揄されていた。

現代でも、相手の無いはずの童貞ボーイ君たちが買い込んで、
目が潰れる程度の酸液を収め、抗争で相手顔にぶつけて目潰しに使ってたりもする。
じつに嘆かわしい事である。

ニジエで投稿されたイラスト「コンドーム」を見る