ふんどし(ふんどし)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

新着記事
記事を書く

記事内容

何処見とるんじゃ…

ふんどし

ふんどし

日本の伝統的下着

「ふんどし」のイラストを見る

ふんどしは日本の伝統的下着であり、材質・締め方は多岐にわたる。代表的なものは以下の通り。

六尺褌

長さ2m半ほどの晒し布を捻りながら股間と腰に巻きつけて締め上げるもの。きつく締め込むと股間や肛門への強い圧迫感があり、性的快感を呼びやすい。また締め方が複雑なため、素人が一人で締めるのは難しく、非常にマニアックな『敷居の高い下着』でもある。それ故六尺褌こそがふんどしの王道かつ基本だと言える。
前から見ればハイレグ、後ろはTバック、横は紐パンの要素があるが、固くねじった布で構成される、薄手のパンツにはない強烈な存在感が魅力。

越中褌
T字型の布を腰で縛り、股をくぐらせて折り返したもの。着脱が簡単で通気性が良いのが利点だが、解けやすくゆるふんになりやすい。入院患者用に「T字帯」、女性向けに「パンドルショーツ」、「ななふん」といった名称でも販売されている。

割褌
六尺褌の布を途中まで半分に裂いてT字型にして、越中褌のような締め方をするもの。六尺褌と越中褌の中間タイプ。

もっこ褌
両端を折り返して縫い袋状にした股布に腰ヒモを通したもの。土を運ぶ「もっこ」に似ていることろから命名された。

黒猫褌

三方にヒモをつけた三角形の布を股間に当て、後ろで結んだもの。戦前は一般的な男性用水着であった。現在のTバックショーツに近い。

九尺褌
長崎県の伝統芸能「鳥刺し踊り」で使われる特殊なふんどし。締め方は六尺褌に近いが、晒し布を股間から通して胸に回し、肩で結ぶのが特徴。

まわし
日本の国技・相撲で使われるふんどしの一種。6mほどの帆布を使い何重にも股間と腰に巻きつけるもので、一人で締めることはできない。

締込み

福岡県の博多祇園山笠で使われる。締め方・材質はまわしに近い。

サイジ
石川県舳倉島の海女が身につける極小の越中褌。台形の布に留具のついた長いヒモを結びつけただけの簡素な構造。

女性の褌
ふんどしというと男性用下着というイメージが強いが、実は女性もふんどしを締めていた。江戸時代はタンポンやナプキンといった生理用品がなかったため、『お馬』などの名称で生理帯として利用されていたのである。
生理期間が月に1週間として年の1/4はふんどしを締めていた計算になる。
そのため昔の女性にはふんどしを締めるのが恥ずかしい・・・という忌避感はなかったのである。
しかし江戸時代は生理中の女性を忌み嫌うという風習があったため、生理帯のことが公に語られることがなく、現代まで『昔の女性の下着は腰巻に決まっている。それ以外の下着はない』などという偏見がはびこる原因となった。
そのせいで現在では女性はふんどしを締めない、というイメージが定着しているため、結果的に女性が男性の下着を着用しているという倒錯感が生まれ、女ふんどしの新しい魅力を生んだとも言える。
締める女性にとってもマンコアナルをぐいぐい締めつけられ圧迫される快感と男性の下着をつけている・・・という羞恥心・被虐心を刺激されるのでSMプレイにおける羞恥責めに利用されたりする。
また「パンツじゃないから見せても恥ずかしくない」といった本末転倒した理論も展開できるのが特徴。
ふんどしを締めるのが習慣化している女性キャラとしては、
くノ一

侍少女

巫女

女相撲

お祭り少女

海女

などが挙げられる。

ふんどしSEX

ふんどしを締めた女の子のお尻を愛でつつ楽しむには、体位は後背位でずらし挿入が基本。挿入中に縦褌を掴んで引っ張り上げて食い込ませたり、手綱のように女の子の姿勢制御に使えるのが便利である。
六尺褌ならば、下のイラストの様に左右にズラすのが良い。

ニジエで投稿されたイラスト「ふんどし」を見る